マーケット最前線

セントラル短資がお届けする情報配信サービスです(登録無料)。
毎週金曜日に金融アナリストのコラムと短期金融市場の動向を配信いたします。
登録をご希望の方は、弊社営業担当までご連絡ください。

日付 テーマ
2019/06/24号
  • 『トランプ関税と為替相場』
  • 『中国の米国債保有額は減少中』
  • 『今週の相場見通し』
2019/06/17号
  • 『米国クレジット市場の脆弱性』
  • 『金融市場に振り回される金融政策』
  • 『2019年6月の短期金融市場を巡る動向と今後の見通し』
  • 『今週の相場見通し』
2019/06/10号
  • 『動き始めたドル円』
  • 『過度のリスク回避姿勢も避けるべき』
  • 『今週の相場見通し』
2019/06/03号
  • 『市場に増え始めた悪材料』
  • 『衆参同日選挙や消費増税延期の可能性』
  • 『今週の相場見通し』
2019/05/27号
  • 『「新冷戦」の市場コスト』
  • 『原油価格は再び上昇基調となる可能性』
  • 『今週の相場見通し』
2019/05/20号
  • 『ポリティカル・ボラティリティ』
  • 『トランプ大統領のニューディール政策?』
  • 『2019年5月の短期金融市場を巡る動向と今後の見通し』
  • 『今週の相場見通し』
2019/05/13号
  • 『米利下げ期待の攻防』
  • 『英中銀とECBの次期総裁選びの行方』
  • 『今週の相場見通し』
2019/05/07号
  • 『「メルト・アップ」への不安』
  • 『日本における消費税の歴史』
  • 『今週の相場見通し』
2019/04/22号
  • 『米国株高と長期金利』
  • 『お札のデザインを何故変えるのか』
  • 『今週の相場見通し』
2019/04/15号
  • 『米大統領のFRB介入は続く』
  • 『50年社債と60年国債』
  • 『2019年4月の短期金融市場を巡る動向と今後の見通し』
  • 『今週の相場見通し』
2019/04/08号
  • 『FRBハト派転身の背景』
  • 『国債の種類を知ろう』
  • 『今週の相場見通し』
2019/04/01号
  • 『米国イールドカーブの逆転』
  • 『債券市場の平成30年間を振り返る』
  • 『今週の相場見通し』
2019/03/25号
  • 『市場流動性への警戒感』
  • 『昨年末の投資家別国債保有額』
  • 『今週の相場見通し』
2019/03/18号
  • 『ブレーキ効かぬ米国財政』
  • 『自国通貨ではいくらでも借金できるという理論』
  • 『2019年3月の短期金融市場を巡る動向と今後の見通し』
  • 『今週の相場見通し』
2019/03/11号
  • 『「ポリシー・プット」の持続性』
  • 『世界経済が回復基調に戻るシナリオ』
  • 『今週の相場見通し』

コラムニスト紹介

倉都康行(くらつやすゆき)

RPテック株式会社代表取締役。1979年東京大学経済学部卒。東京銀行の資本市場部、ロンドン現地法人などの勤務の後、バンカース・トラスト、チェースマンハッタンの資本市場部門在日責任者などを歴任、チェース証券会社取締役東京支店長を務めた後、2001年4月にRPテック(株)を設立し代表取締役(現職)に就任。専門は金融リスク分析。
主な著書に「金融工学講座(2000年)」(PHP研究所)、「金融市場は謎だらけ(2002年)」(日経BP社)、「金融史がわかれば世界がわかる(2005年)」(ちくま新書)、「金融VS.国家(2008年)」(ちくま新書)、「投資銀行バブルの終焉(2008年)」(日経BP社)、「予見された経済危機(2009年)」(日経BP社)、「金融史の真実(2014年)」(ちくま新書)、「12大事件で読む現代金融入門(2014年)」(ダイヤモンド社)など。マネタリー・アフェアーズ誌の編集人として、デイリー・マネタリー・アフェアーズ(日刊)、世界潮流アップデート(週刊)なども執筆。

久保田博幸(くぼたひろゆき)

債券市場アナリスト。幸田真音著「日本国債」の主要登場人物のモデルとなる。同小説の中で紹介されたホームページ「債券ディーリングルーム」は 金融関係サイトのなかでも老舗のサイトとなっている。
主な著書に「短期金融市場の基本とカラクリがよ~くわかる本(第2版)」(秀和システム)、「聞け! 是清の警告 アベノミクスが学ぶべき「出口」の教訓」(すばる舎)、「日本国債先物入門」(パンローリング)、「債券の基本とカラクリがよ~くわかる本(第2版)」(秀和システム)、「債券と国債のしくみがわかる本」(技術評論社)など。

TOP
Copyright © 2016 セントラル短資株式会社.All rights reserved.