マーケット情報

短期金融市場ウィークリー

2018/11/12(月)~2018/11/16(金)の市況

インターバンク市場

今週のインターバンク市場は、積みの最終週を迎えたものの各業態の調達意欲は盛り上がらず、先週と同様、低めのレートでの取引が中心となった。日銀当座預金残高は週を通して390兆円台前半で推移した。 今週の無担保コールO/N物は、15日に積みの最終日を迎えたものの、調達サイドの参加者は週を通して限られており、下限域での取引が中心となった。出合いの中心レートは、12日から積み最終日の15日にかけて▲0.086%~▲0.05%で推移した。調達参加者が限られていたため、実質的な下限レートである▲0.086%のオファーでも運用先が見つからずに出し残ってしまうオファーが連日見られた。16日からは新しい積み期間が始まったものの、レート状況にはあまり変化が見られず、▲0.086~▲0.05%が主な出合いの水準となった。無担保コールO/N加重平均レートは概ね▲0.07%台での推移となったが、14日は一部の先で調達訓練のための+0.001%での資金調達が行われた影響で、加重平均レートはやや上昇し▲0.066%となった。ターム物は、新しい積み期となる16日スタートの引き合いが散見され、1W~2W物のショートターム物で▲0.045~▲0.03%のレンジで出合いが見られた。
固定金利方式の共通担保資金供給オペは、16日に2W・8,000億円がオファーされ、結果は1,462億円(期落ち分1,763億円)で札割れとなった。14日には3市場合同BCP訓練の一環として、固定金利方式による全店共通担保資金供給オペ(O/N物)が1,000億円オファーされ、49億円の落札結果となった。

レポ市場

今週のO/N GCは、積み期間最終日を週内に迎えたことで、その前後でレート水準が大きく変わり、ボラタイルな動きが多く見られた。
週初12日のC/Nは▲0.20~▲0.12%の出合い、T/Nは▲0.28~▲0.18%での出合いと非常にボラタイルな動きであった。翌13日も▲0.25~▲0.12%とレンジの広い動きとなった。14日T/Nは積みの最終日に当たることから、やや投資家の資金調達ニーズが見えたことでレートは上昇し、▲0.18~▲0.10%での出合いとなった。翌15日のT/Nは積み期が変わることで投資家のオファーがやや見えたため、落ち着いた動きとなり、▲0.125~▲0.115%程度の出合いとなった。しかし、週末の16日のT/Nは再び投資家のオファーが薄くなり、レートは低下して▲0.16~▲0.13%の出合いとなった。 SCについてはビッドが目立った銘柄は5y135~137、10y335~352、20y164~166、30y59~60、40y11にビッドが多く見られた。

短国市場

今週の短国市場は、一旦落ち着いた年末越えの動きが再び強まり、3M物中心に堅調なマーケットとなった。 13日に実施された短国買入オペは、1,000億円でオファーされた。引き続き買入額が少額にとどまる中、按分落札利回較差+0.020%、平均落札利回較差+0.025%と、在庫調整の売りからか弱い結果となった。
16日に実施された3M物の入札は、WI取引において▲0.29%から▲0.328%まで一時買い進まれたものの、その後▲0.30%近辺の気配で引ける展開となる中、平均落札利回▲0.2984%、按分落札利回▲0.2847%とWI取引の強めの出合いを反映し、前回債からレートが低下する強い結果となった。

CD・CP市場

今週のCP市場は、週間償還総額7,000億円程度に対して、週間発行総額は9,000億円程度と発行超となった。15日発行にはゴム製品・電気機器・不動産等の業態において大型発行があったものの、依然として銘柄に拡がりはなかったため概ね落ち着いたマーケットとなった。発行レートについては、発行頻度や発行残高が少ない銘柄においては一部で強めの買いが見られたが、その他は概ね0%近辺での決着となった。
13日にはCP等買入オペが、オファー額2,000億円で実施された。結果は、平均落札レート0.001%、按分落札レート▲0.004%となった。前回比で見ると、平均(前回▲0.002%)は前回からのインターバルが短く発行が大きく膨らまない中、高レート銘柄が対象であったことから上昇した。按分(前回▲0.002%)は低下したものの、応札額が3,675億円と量的・質的金融緩和政策導入後のCP等買入オペ史上最低額となったことを考慮すると、低下幅は限定的であった。10月以降のオペレートが膠着気味だったことで参加者全体のレート目線が下がりづらかったことが反映されたと考えられる。

TOP
Copyright © 2016 セントラル短資株式会社.All rights reserved.